こんにちは。そしてはじめまして。


大阪の北摂で薬膳教室や東洋医学の教室をしています。


木もれび鍼灸院の弓削といいます。


このブログに訪れていただいてありがとうございます。


今日は『立春』ですね。


薬膳のブログを始めるのに最適だと思い、今日を選びました。


末永くやっていきたいと思います。


旧暦では立春はお正月になります。


一年が新しく始まる日ですね。


 この『立春』に初めて汲んだ水を若水といって、健康や豊作、幸せを招く水とされています。

 
若水を神棚に供え、食事の支度や洗顔に使います。

 
若水で入れたお茶が福茶です。


20160204_005036 - コピー


 
お茶に結び昆布や小梅、旧暦で大みそかにあたる節分に撒いた豆を入れたもの。

 
水道の水でも、あらためて感謝の気持ちで受け取って、若水として福茶を入れてみてはいかがでしょうか?


2月4日過ぎてしまったと思っても大丈夫。


立春は2月4日の1日だけではなく次の節気の雨水までの期間を指します。


2016年の雨水は2月19日なので、その前日の2月18日までの期間です。


ぜひ福茶で今年の運気を上げていきましょう!!