・美容とダイエットに甘酒・・・意外な歴史とは!?


こんにちは。
大阪の漢方薬膳教室の弓削です。


甘酒がブーム!?

少し前まではお祭り以外には飲む機会がなかった甘酒ですが、
脱水時の水分補給にだけでなく、美容やダイエットにも効くことがわかり、
子供から大人まで幅広く飲まれるようになりました。


きっかけは東日本大震災で、原発事故が起こり、
夏場の電力が不足して日本全国で家庭のクーラーをセーブしましたね。 
暑い夏、クーラーを使わずに体調を崩さないよう過ごす昔の知恵として、
甘酒に注目が集まりました。
江戸時代、クーラーが無かった時代には甘酒で水分補給をしつつ涼をとっていました。
96958A90889DE



 「飲む点滴」と言われるほどの栄養価の高さと、
脱水状態でも吸収しやすい甘酒を多くの人が買い求めました。
高齢の方に甘酒を勧めたのを私も覚えています。


その時に甘酒を始めて飲んだ人が、
体調が良くなったり、美容面で肌や髪質の変化を感じ、
継続して飲み続けた結果、年々甘酒を飲む人が増えてきています。


甘酒の歴史

甘酒の歴史はかなり古く、今から2000年以上前
前漢の時代(三国志の前の時代、日本では弥生時代です。)
劉邦というのちの皇帝になる人の弟、劉交という人物が、
甘酒が好きすぎて、常に持ち歩いていたという記録が残っています。
d439b6003af3



ただ中国では一度、酒造の文化が途絶えてしまっており、
麹や酒粕を使った甘酒は、清の時代(江戸後期ですね。)まで作られることはなかったようです。


日本では甘酒は古代から現在まで、ずっと受け継がれてきた歴史があり、
特に江戸時代になると、夏バテ防止のために露天商が甘酒や冷やし飴を売っていた記録が残っています。


甘酒の効能

甘酒は麹から作る方法と酒粕から作る方法の2種類がありますが、
美容やダイエットの観点から考えると、腸内環境をよくする微生物、ビタミンが多く含まれる 、
麹から作られた甘酒がオススメです。

美肌を作るのはミネラルですが、ミネラルは単体でとっても吸収しにくい栄養素、
ビタミンB群と一緒に摂る必要があり、食品から摂ろうとすると野菜や魚をけっこうたくさん食べないといけません。
麹から作られた甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれているため、ミネラルの吸収を助けてくれます。
free-illustration-biyou-tsurutsuru-irasutoya


整腸作用もあり、生姜を入れて飲むことで血行も良くなることで、
新陳代謝もあがることで、ダイエットにも最適でしょうね。
カロリーが高いので、大量に飲むのは避けたいですが、おちょこ一杯を毎日続けることで効果は実感できるでしょう。


甘酒の造り方

炊飯器で作れるそうですが、
e7e843d7

我が家には発酵器がありまして、
それを使って作ってみたいと思います。
また作れたらブログ上でも書いてみますね。



甘酒は一過性のブームで終わらずに幅広い年齢層に支持されています。
甘酒は苦手と言う人が多くいますが、実は酒粕から作った甘酒が苦手・・・という場合が多く、
麹から作った甘酒を知らない人が実際は多いようです。
食わず嫌いの方こそ一度甘酒を試してみてほしいと思います。